葬儀が東京で行われるときの特徴

葬儀を東京で行うときの特徴があるようです。

東京は人口が多いので、葬儀場も沢山あります。
お寺や自宅で葬儀を行うことが地方では多いかもしれませんが、
東京では自宅の近くや交通の便のいい葬儀場で執り行うことが一般的です。

他の地区と大きく違うのが「火葬場」です。
ほとんどの地区で火葬場は自治体が運営する公営施設であるのに対し、
東京23区にある9つの火葬場のうち公営は2件のみです。
残り7件の施設は民間企業が運営しています。